トップページ > 品質管理 > 品質管理体制

品質管理 品質管理体制

徹底した品質管理体制で品質を安定化
弊社では、医薬品・化粧品包材をはじめ、品質要求の高い印刷物を多数取り扱うため、品質管理・検品の体制を整え、常に高品質の製品をお届けできるよう取り組んでおります。また、各種検査機器を取り揃え、コーティングや試作製品の簡易な性能検査も行っています。

品質管理体制

全数検品
弊社では、印刷・コーティング製品の精度を高め、より良い製品をお届けできるよう、全数検品体制を導入しています。基本的にすべての印刷・コーティング加工物に対して、検査装置による検品工程での検査を行い、出荷する製品の品質安定化を図っています。

二重検品方式
非常に高い精度・品質が求められる印刷・コーティング製品については、印刷やコーティングの工程でのインライン検査装置(印刷機に接続した検査装置)と、アウトライン検査装置による検品工程(アウトライン検査)の二重検品を行い、出荷する製品の品質安定化を図っています。

異物・不良の除去
アウトライン検品では、検査装置による不良箇所や異物の発見だけでなく、検査装置だけでは発見できない埃や異物を除去する体制も徹底しています。原反に混入している異物や、印刷・包装時に付着した異物を、検査装置に装着した除埃装置にて自動で取り除き製品を出荷しています。また、自動で取り除けない異物や印刷上の不良は、オペレーターがその都度確認し、手作業で取り除いています。

品質管理スタッフ
弊社では、印刷・コーティング製品の品質を高いレベルで維持するため、品質管理の専門スタッフを配置しています。社内に「品質検査員」の資格を設け、資格認定者が印刷物の1コイルごとのスタート前検査、ピッチ管理や、コーティングの膜厚や塗布量の管理、各種検査機器を使用した機能性コーティングの性能試験などを行い、弊社の加工品の品質を管理しています。

> > 検査機器一覧はこちら

工程スタート前の品質確認
各種印刷、コーティングは、塗工のスタート前に、品質管理課の判定員によるチェックを受け、事前のチェック項目をクリアしてから加工をスタートすることを徹底しています。

専門スタッフによる調色・色相管理
社内に「色相判定員」の資格を設け、資格を持つスペシャリストが印刷物の色相を管理することで、色のトラブルを未然に防止します。カラーコンピュータマッチングシステム(CCM)で、色の管理を数値化して実施することも可能です。

各製造エリアにはエアシャワーを設置
エリアごとに異物の侵入を防ぐエアシャワーを設置しています。作業者だけでなく、すべてのエリア立ち入り者は必ずエアシャワーでの防塵工程を経ないとエリア内に入れないシステムになっています。