トップページ > 事業案内 > グラビア印刷

グラビア印刷

医薬品包材・化粧品包材をはじめ、高品質な印刷に対応します
徹底した品質管理体制と専門スタッフによる調色管理で、医薬品・化粧品の包装資材など品質要求の高い印刷に対応できます。
各種フィルムや紙、金属箔など、様々な基材への印刷実績があります。

グラビア印刷スペック

  • 基材の厚み : 3.5μ ~ 750μ(使用する印刷機によって変動)
  • 基材の幅 : 200mm ~ 1450mm (条件により変更あり)

    > > 対応可能な基材一覧

  • 原紙巻き直径 : 最大 1000mm
  • 版円周 : 最大 1135mm
  • 最大色数 : 8色
  • 水性インキ対応可

弊社グラビア印刷の特徴

両面印刷が可能
表裏各1色ずつの印刷から表裏最大7色までの両面印刷に対応できます。
両面印刷の色数は可変式で、「表4色・裏3色」、「表5色・裏2色」、「表6色・裏1色」といった設定が可能です。
また、表・裏両面で、前後左右のピッチ合わせが可能です。
紙やアルミ箔など、透明性がない基材でのピッチ合わせも可能です。

静電印刷ユニットを設置
インキの転移性を高める「静電印刷」が可能です。
静電印刷ユニットを利用することで、紙などの表面が粗い原紙にも、カスレやヌケが発生することなく鮮明に印刷できます。

版設定ノウハウ
印刷物の用途やデザインに合わせて、最適な版設定を提案致します。
適切な条件を設定し製版することで、微細な文字や色の再現性など、お客様のご要望に合う印刷を実現します。

専門スタッフ「色相判定員」による調色
社内に「色相判定員」の資格を設け、資格を持つスペシャリストが印刷物の色相を管理することで、色のトラブルを防ぎます。また、カラーコンピュータマッチングシステム(CCM)で、計数化した調色管理も実施しています。

高精度の二重検品
医薬品などの極めて高い精度が求められる製品には、印刷工程中のインライン検査装置と、アウトライン検査装置による「二重検品」を実施します。
印刷物の品質をさらに高いレベルで安定させることが可能です。

> > 品質管理の詳細はこちら

全数検品を標準化
弊社の印刷製品は、全数検品を標準仕様としています。印刷不良を徹底的に排除する目的で、検査装置による検品を実施しています。高い品質レベルが必要な各種印刷物でも安心してご依頼いただけます。
※ご要望に応じて検品工程を省略することも可能です。

> > 品質管理の詳細はこちら